廃車の手続きと人間関係の難しさを比較してみる

廃車の手続きと人間関係の難しさを比較してみる

何かを得て、終わりを迎える。車を購入して10年も乗っているともう乗り換え時期が近づいてくる。

 

メンテナンス状況によっては、安心して乗ることもできますが、自動車の寿命は10年前後でしょう。

 

 

廃車をする場合に解体費用とリサイクル料金がかかることになります。

 

合計2万円前後はかかる事が予想されます。

 

 

正直車を手放すって事を考えた時には少しでもお金になる査定を申し込むのがベストだと思う。

 

 

http://xn--w8j5c935k8sjgje430cmfcwr6c.com/

 

 

 

車の中であなたはどんなイメージで欲しいと感じる事がありますか?私が最近思うのは車のブランド力と見た目のかっこよさ。

 

 

特にケツがポルシェのようにウェーブ状になっている車がかっこいいと感じている。アウディーとか他にもクライスラーとか。

 

 

 

全体的に500万円を超えてくる車は燃費も少し悪いように感じている。

 

 

廃車も時代に取り残されている感じになっている。

 

 

現在24歳で、知的障害者に関わる仕事に就いています。私がぶつかってしまった壁、それは人間関係です。

 

幼少期より内向的な性格をしていて、少し周りに馴染めない自分がいました。友達もそれなりにいて、家族とも仲は良くて。はたから見れば普通の子供だったのかも知れません。

 

 

ですが、当時の私自身はひどく悩んでいたように思います。花一匁(はないちもんめ)をすれば、あなたが欲しいと指名されるのは一番最後。指定された人数でグループを作るゲームでは余り物で罰ゲームの回数が1人多くなって。

 

 

その都度、どうして周りの子と一緒になれないのか、悩んだ気がします。

 

 

求められる子を羨ましく思い、嫉ましくも思い。交友関係はいつも、狭く浅いものだったと感じます。それは学生時代、ずっと続いた心の底からの悩みでした。時間はそれでも前に進んで、いつの間にか子供だった自分も社会人になりました。

 

 

 

結局学生時代に抱えていた悩みは、いつの間にか超えられない壁になり、その壁に近づかない程度でしか人付き合いをしなくなりました。

 

 

 

そんな自分が働き始めて半年経った時に、転機が訪れます。私の会社は基本的に大学卒しか採用しないのですが、縁故就職をした私は高校卒で採用されました。とはいえ基本的には大学卒の採用が当たり前ですから、私1人が年下という状況です。

 

 

 

当然周りは不自然に気を遣うか、やたら怒ってくるかのどちらかでした。そんな中で一番に私の抱えた壁を見抜き、壊そうとしたのが、今の同期でした。

 

 

彼女は大学卒の4つ年上です。元々壁を高くしていた私は、当然彼女との距離にも予防線を張っていました。でもそんな私が引いた予防線を飛び越え、なんなく壁を壊しにかかってきた彼女は、年下の私を妹のようだと笑いました。

 

 

 

それからです。私は少しずつ彼女に自分の気持ちを伝えるようになりました。そこでようやく気付いた事は、私がみんなと同じになれない理由でした。

 

 

 

『自分の事を伝える事』。子供の頃から他人と違う事を怖がった私は、自分はどういう人間であり、何が欲しいのかを伝えられませんでした。どんな子かも分からない子を、あなたが欲しい!と言う子は居ません。どんな子かも分からない子をグループに入れようとは思いません。

 

 

 

結局、私の壁は、私自身の臆病さが作ったもので、誰のせいでもなかったんです。気付けば改善出来るもので、今では自分の考えを伝える事で、信頼される事も増えました。今ならもっとたくさんの人と仲良くなれる、そんな風に思います。これからも、自分の事も伝えながら。

 

 

 

でも相手の気持ちを汲み取りながら。自分なりの人間関係を構築していけたら…と。そんな風に思います。